家と財産を守るための〜不動産の相続対策
家と財産を守るための〜不動産の相続対策
文書作成日:2021/02/20


 老朽化する賃貸マンションは相続開始する前に処分すべきでしょうか。




 私が所有している賃貸マンションは、私の親が相続対策として建築し、私が引き継いだものです。最寄りの駅から徒歩5分と立地は良いのですが、築45年が経過しており、周辺の賃貸マンションに比べ見劣りします。そのため、近年は、周辺の賃貸マンションに比べ賃料を低くすることで、貸室の稼働率を上げてきました。子供からは、管理ができないので相続発生前に売却してほしい、と言われていますが、売却すると子供が負担する相続税が増えるのではないかと悩んでいます。




 まずは、賃貸マンションの相続税評価額と、市場価格について比較検討することをお勧めします。


1.賃貸マンションの相続税評価額

 賃貸マンションのおおよその相続税評価額は、路線価(又は評価倍率)と固定資産税評価額で算出できます。

 路線価や評価倍率は、毎年、国税庁から公表されています。また、固定資産税評価額は、毎年、固定資産税の納税者に届く納税書類に記載されています。

 ここでは路線価が付されている土地を前提に、計算式や計算例を確認していきましょう。

 なお、分かりやすくするために、土地の価額を計算するにあたっては、補正率等は一切考慮していません。

≪計算式≫

土地の価額:(路線価×土地の面積)×(1−借地権割合×借家権割合)

建物の価額:建物の固定資産税評価額×(1−借家権割合)

※借家権割合は30%。
※路線価及び借地権割合については、国税庁のホームページでご確認ください。
≪計算例≫
前提条件:
土地の面積…500u
接道する道路の路線価…300,000円/u
建物の固定資産税評価額…50,000,000円
借地権割合…50%

@土地の価額:

(300,000円×500u)×(1−50%×30%)=127,500,000円

A建物の価額:

50,000,000円×(1−30%)=35,000,000円

賃貸マンションの相続税評価額:@+A=162,500,000円

2.賃貸マンションの市場価格

 相続税評価額に対し、賃貸マンションのような収益不動産の市場価格は、収益還元法で計算することがベースになります。収益還元法とは、対象不動産が将来生み出すと期待される収益(収入)をベースとして収益不動産の市場価格を求める手法のことですが、今回は、表面利回り(収入÷投資家の期待利回り)を利用して計算します。

≪計算式≫

賃貸マンションの年収÷投資家の期待利回り

※投資家の期待利回りは、物件の所在や築年数などに影響されますので、不動産の専門家にご相談ください。
≪計算例≫
前提条件:
賃貸マンションの年収…12,000,000円
投資家の期待利回り…10%

賃貸マンションの市場価格:12,000,000円÷10%=120,000,000円

 上記例では、賃貸マンションの市場価格(120,000,000円)より、賃貸マンションの相続税評価額(162,500,000円)の方が高くなります。そのため、相続発生前に賃貸マンションを売却した方が、支払う相続税の負担は少なくて済みます。

 ただし、実際に比較検討する際は、譲渡所得に関する税金やその他諸費用についても考慮する必要があります。ご注意ください。

 新築時には相続対策として効果のあった賃貸マンションも、築年数の経過とともに、賃料収入が減少していくことが原因で、相続税評価額が市場価格を上回ることがあります。特に、駐車場の敷地を広くとっているなど、土地の面積に比べ建物を小さくした場合などは、このような現象が起きやすいと思います。

 所有されている賃貸マンションについて、将来の相続に不安のある方は、当事務所までお気軽にご相談ください。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 


       
    東海税理士会豊橋支部所属
    名南アライアンスパートナー
    MFクラウド公認メンバー
    freee 認定アドバイザー
    豊橋青色申告会 記帳指導担当

    
 対応業務一例:
  法人様向け業務一例
   月次監査 
   決算書・申告書作成
   納税予想、節税提案
   経営計画作成
   資金繰りシミュレーション
   組織再編

  個人様向け業務一例
   確定申告業務 
   決算書・申告書作成
   納税予想、節税提案
   経営計画作成
   資金繰りシミュレーション
   法人成り

   相続税・贈与税申告書作成
   相続対策(二次相続含む)
   財産診断
   相続シミュレーション
   不動産関連業務

  その他関連一例
   青色申告会 記帳指導担当
   確定申告無料相談


 
 対応業種:
  主な顧客の業種
   製造業 
   建設業
   運輸業
   卸小売業
   サービス業
    (芸能、美容院、飲食店など)
   農業
    (米、野菜、養豚など)
   不動産賃貸業    他
 対応地域:
   愛知県
        豊橋市・豊川市・
        新城市・田原市・
        岡崎市・蒲郡市・
        安城市・名古屋市
              他  全域対応
   静岡県
        湖西市・浜松市・
        磐田市・袋井市・
        静岡市・焼津市・
        牧之原市  他
   三重県
        桑名市・四日市市・
        鈴鹿市・亀山市・
        津市        他
  その他地域
    応相談 
           (※出張相談可)

      


ご相談予約
こちらより

24時間365日対応いたします。
お気軽にお問合わせ・ご予約下さい。 

メールマガジン
毎月20日に相続関連のメールマガジンを発行しています。

ご希望の方は下記をご参照のうえ、ご依頼ください。
メールマガジン希望

交通アクセス
『豊橋駅』よりタクシーで15分ほど
『下地駅』より徒歩で15分ほど

詳細はコチラ    

お問合せ
日比孝昭税理士事務所
〒440−0093
豊橋市横須賀町組替22番地
TEL:0532-52-6798
FAX:0532-52-6798
メールでのお問い合わせ