ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2017/07/05


 湿度や気温が高くなる季節は、食中毒が心配な時期でもあります。今回は、安心・安全な毎日を守るため、家庭でできる食中毒対策についてまとめました。




 食中毒は、細菌やウイルスによって引き起こされるものがほとんどです。特に、夏場はO-157の大腸菌やサルモネラ属菌などの細菌が食べ物のなかで増殖し、それを摂取することで食中毒を引き起こします。一方、ウイルスは冬場に活発になり、ノロウイルスによる食中毒が多く発生。また、最近ではアニサキスなどの寄生虫も食中毒の原因となっています。

■主な細菌類





 食中毒を防ぐには、細菌やウイルスを「付着させない」 「増殖させない」 「死滅させる」ことが大切。その具体的な方法についてご紹介します。

■細菌類を「付着させない」
 食べ物に細菌類をつけないようにするには、調理前にしっかり手を洗うこと。特に、トイレの後やオムツの交換をした後、ペットに触れた後などは、その度に石鹸で手を洗うようにしましょう。また、野菜と肉類は同じまな板を使わないようにしたり、残った食品は密封容器に入れ、細菌類が付着しないようにしたりします。調理器具などは、使う度に熱湯消毒しておくと安心です。

■細菌類を「増殖させない」
 細菌類を増やさないためには、低温で保存することがポイントです。細菌類は、10℃以下で増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下で増殖がストップします。肉や魚などの生鮮食品は、購入後はできるだけすぐに冷蔵庫に入れましょう。暑くなる季節は、冷蔵庫の設定温度をいつもより低めにし、なるべく早く食べきることが大切です。

■細菌類を「死滅させる」
 たいていの細菌類は加熱処理をすると死滅するので、できるだけ火を通して食べることも食中毒を防ぐことにつながります。特に一般的な加熱処理は、中心部を75℃で1分以上加熱するのがポイント。生で食するお刺身などは、マイナス20℃で24時間冷凍したり、飾り包丁を入れたり、薄切りにして寄生虫を死滅させるようにしましょう。冷凍の魚や養殖ものを選ぶことも、食中毒を防ぐことになります。




 気をつけていても、食中毒になってしまった際には、まずは専門医で診てもらうのが安心です。その際には、問診が重要になってくるので、食べたものや時間帯、量などできるだけ詳しく伝えるようにします。また、家族が発症していない場合は、発症した家族が使ったタオルや衣類には直接触れないこともポイントです。

 日頃から細菌類の存在を意識しながら対策をし、暑い季節も美味しく安全な食卓を守りましょう。



※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 

       
    東海税理士会豊橋支部所属
    名南アライアンスパートナー
    MFクラウド公認メンバー
    freee 認定アドバイザー
    豊橋青色申告会 記帳指導担当

    
 対応業務一例:
  法人様向け業務一例
   月次監査 
   決算書・申告書作成
   納税予想、節税提案
   経営計画作成
   資金繰りシミュレーション
   組織再編

  個人様向け業務一例
   確定申告業務 
   決算書・申告書作成
   納税予想、節税提案
   経営計画作成
   資金繰りシミュレーション
   法人成り

   相続税・贈与税申告書作成
   相続対策(二次相続含む)
   財産診断
   相続シミュレーション
   不動産関連業務

  その他関連一例
   青色申告会 記帳指導担当
   確定申告無料相談


 
 対応業種:
  主な顧客の業種
   製造業 
   建設業
   運輸業
   卸小売業
   サービス業
    (芸能、美容院、飲食店など)
   農業
    (米、野菜、養豚など)
   不動産賃貸業    他
 対応地域:
   愛知県
        豊橋市・豊川市・
        新城市・田原市・
        岡崎市・蒲郡市・
        安城市・名古屋市
              他  全域対応
   静岡県
        湖西市・浜松市・
        磐田市・袋井市・
        静岡市・焼津市・
        牧之原市  他
   三重県
        桑名市・四日市市・
        鈴鹿市・亀山市・
        津市        他
  その他地域
    応相談 
           (※出張相談可)

      


ご相談予約
こちらより

24時間365日対応いたします。
お気軽にお問合わせ・ご予約下さい。 

メールマガジン
毎月20日に相続関連のメールマガジンを発行しています。

ご希望の方は下記をご参照のうえ、ご依頼ください。
メールマガジン希望

交通アクセス
『豊橋駅』よりタクシーで15分ほど
『下地駅』より徒歩で15分ほど

詳細はコチラ    

お問合せ
日比孝昭税理士事務所
〒440−0093
豊橋市横須賀町組替22番地
TEL:0532-52-6798
FAX:0532-52-6798
メールでのお問い合わせ